書籍のご案内

本体価格 1,500 円(税込1,620 円)
ISBN: 9784764299771
出版社: 教文館/ 著訳者: 日本キリスト教文化協会:編
発売/発行年月: 2018年6月
判型: A5版/ページ数: 184ページ

6名の気鋭の論者が、信仰と神学、芸術と政治等の多様な視点から宗教改革に迫る。現代世界に巨大な影響を及ぼし続けるこの運動の本質は何だったのか。そこから私たちは何を継承すべきか。多くの示唆に満ちた書。2017年に開催され大きな話題を呼んだ連続講演会の記録。

[目次]
1  ルターの生涯と思想
ルターの生涯と宗教改革──宗教改革のはじまりの「はじまり」  小田部進一
恩寵義認──ルター神学の核心  江口再起

2  宗教改革と芸術
宗教改革と美術──イメージの力  遠山公一
ルターの音楽観とその受容──ヨーハン・セバスティアン・バッハまで  佐藤望

3  宗教改革と現代
ルターの戦争観と現代  野々瀬浩司
世界史の中の宗教改革  近藤勝彦

各種ご案内

キリスト教功労者顕彰

キリスト教関係の宣教・教育・社会・福祉・出版など文化の発展やキリスト教思想の普及に貢献のあったキリスト教信仰者の方々を顕彰しております。

関連団体